プロフィール

annecoat

Author:annecoat
ボーカルのasamiとガットギターのtaro、アコースティックな2人組。

福井県敦賀市出身。現在は大阪を中心に活動中。

「歌のちからを信じています」のもと、

ほんとうに純粋に、透明なコエ、柔らかいギターのオト。

コエとオトだけでやってきた9年目の活動。

どこか、懐かしくて古臭くて・・・現代の音楽じゃないかも知れない。

それでも、きっと聴く人のココロの居場所をつくりだす。

昭和と言う、哀愁ただようアコースティックデュオ。

annecoat(アンネコート)!!


2012年は、結成10周年を迎えています・・・♪
これも、
今まで支えてくださった
たくさんのみなさんのお陰です。

本当に、ありがとうございます♪♪♪

annecoat asami&taro



2003年ドコモが選ぶ「Best Contents」(北陸を代表する楽曲)に選出される。
2004年「大連の唄」プロジェクトに参加、日中の掛け橋となる音楽・唄づくりを目指す。
そこで、大連をイメージした「アカシアの木の下で」が生まれる。
中国の人々の支持を受けた彼らは、その後も幾度と大連各地で、ライブを行う。

2005年には、地元福井で、「FRIED PRIDE」のオープニングアクトという、大役にガチガチな二人。

2007年から、活動の拠点を大阪に移し、現在アコースティックイベントを中心にライブやストリートで活動中!!
1stmaxisingle 「your dreamer」をリリース。
2009年 初の大阪でワンマンライブを成功!
2009・2010年 koeoto vol.1 2 3を発売。
2011年 現在、関西を中心に、東京でもライブを行う。

category
new essay
ブロとも申請フォーム
monthly archive
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

写真からのつづき…
ギターの話を少し。
annecoatは ボーカルと アコースティックギター のユニットなんで 興味のある方もいるでしょう?
僕がいつも使用してるのは タカミネPT-6F ってモデルです。フラメンコギター。 これは 相方とユニット組んですぐに 手にいれたやつで 以外に値段は安かったんですが 使ってるうちに めちゃめちゃいい音になってきて。だからずっとメインギターになってます。 ライブもレコーディングも 今んとこ これ一本で十分。 ライブでは これに AD-5 ってエフェクター使ってます。
実はこのギター 僕が大好きなギターリスト ダック・ベイカーが使ってたやつと同じ型なんですよ。 来日した時持ってきてたやつ。 彼の出す音は すごく良いんでギター弾く人は 機会があれば是非聴いてみてください。
また他のギターの紹介もしますね。
スポンサーサイト

2006.11.09(Thu) | essay | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://annecoat.blog76.fc2.com/tb.php/11-bec25950
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
14. もちろん
覚えてますよー。
匠さん amHALL観にきてくれてありがとうございました!。 テイラー弾いてるんですねーいいギターですよね。軽いタッチにも しっかり応えてくれるギターってイメージがありますわ。 僕もステージでは あまり弾かないけど 一応スティール弦のギターも 持ってて家なんかでは弾いてますんで また紹介していきます。

ギターは 弾く人の思いにすごく応えてくれる楽器です これからも お互い大事に弾いていきましょう!
また是非 遊びに来て下さいね。

taro | 2006.11.13 17:25 | edit
13. はじめましてw
どうもーアムホールの時にフライドプライドさんについて熱く聞いてた奴ですw覚えてるかなぁ・・・
あのギターはタカミネさんでしたか・・・ええ音するからええ値段するかと思ってたら・・・やっぱり弾いてあげると良くなっていくんですね。
僕もマイギターテイラー君をもっと弾いていい音出せるようにしよう。ダックベイカーも聴いてみようw
匠 | 2006.11.12 23:13 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。