プロフィール

annecoat

Author:annecoat
ボーカルのasamiとガットギターのtaro、アコースティックな2人組。

福井県敦賀市出身。現在は大阪を中心に活動中。

「歌のちからを信じています」のもと、

ほんとうに純粋に、透明なコエ、柔らかいギターのオト。

コエとオトだけでやってきた9年目の活動。

どこか、懐かしくて古臭くて・・・現代の音楽じゃないかも知れない。

それでも、きっと聴く人のココロの居場所をつくりだす。

昭和と言う、哀愁ただようアコースティックデュオ。

annecoat(アンネコート)!!


2012年は、結成10周年を迎えています・・・♪
これも、
今まで支えてくださった
たくさんのみなさんのお陰です。

本当に、ありがとうございます♪♪♪

annecoat asami&taro



2003年ドコモが選ぶ「Best Contents」(北陸を代表する楽曲)に選出される。
2004年「大連の唄」プロジェクトに参加、日中の掛け橋となる音楽・唄づくりを目指す。
そこで、大連をイメージした「アカシアの木の下で」が生まれる。
中国の人々の支持を受けた彼らは、その後も幾度と大連各地で、ライブを行う。

2005年には、地元福井で、「FRIED PRIDE」のオープニングアクトという、大役にガチガチな二人。

2007年から、活動の拠点を大阪に移し、現在アコースティックイベントを中心にライブやストリートで活動中!!
1stmaxisingle 「your dreamer」をリリース。
2009年 初の大阪でワンマンライブを成功!
2009・2010年 koeoto vol.1 2 3を発売。
2011年 現在、関西を中心に、東京でもライブを行う。

category
new essay
ブロとも申請フォーム
monthly archive
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

スピリチュアルメッセージ!?

小さな頃から

眠ろうと目をつぶると

真っ暗な闇に包まれます

そのつぶった暗闇の世界の中で暗闇をもっともっと意識しようとすると

目をつぶってる視界の中がチカチカしてきて
だんだん狭まって

一点に集まり出し

あのマークを出そうとする

字で表すと

『※』
このマーク。
これが、1番近い。

いつ頃からかな?
多分、小学生の頃から、
私は時々眠る時に
このマークが、エメラルドに光り、点滅するように、目の中に映ってくるようになりました

これは一体何!?

何かの暗号?のような…
知らない国の絵文字なのか…
それとも…何かのメッセージ!?

またまた妄想癖が始まります…

いまだよくわからないのです。

この年になってもまだ現れるあのマーク

本当になんでだろう?
と昔から不思議に思って、

何十年月日が立ちますが、

原因がわからないので、
今も謎のままです。

皆さんも、もしかしてこんな事ってあるんですか!?
スポンサーサイト

2008.04.27(Sun) | essay | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://annecoat.blog76.fc2.com/tb.php/216-2f0a092a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
438. ありますあります
僕の場合、空間が動き回ります。で、その動き回る空間のなかで無数の車と無数の音が動き回ります。あの仮眠状態の感じ昔はよく見たし見ようと思ったら自在に見れたのに最近見なくなりましたね~
やっぱみなさんそ~いうのあるんですね~

ノンシュガー | 2008.06.27 00:27 | edit
411. kazuさん



あ~よかった~(笑)


私大丈夫かな?とたまに思ってたので(^^)




でも昨日もよく見てみたんです…
そしたら何だか、あれによく似てました


ほら、あの中国?なのかなぁ…陰と陽を表すロゴ?といいますか、マークみたいな。




不思議です♪
asami | 2008.04.27 09:13 | edit
410.
ありますね、僕にも。
まるで銀河の中に迷い込んだようにね。

この歳になっても見えてます。
kazu | 2008.04.27 00:55 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。