プロフィール

annecoat

Author:annecoat
ボーカルのasamiとガットギターのtaro、アコースティックな2人組。

福井県敦賀市出身。現在は大阪を中心に活動中。

「歌のちからを信じています」のもと、

ほんとうに純粋に、透明なコエ、柔らかいギターのオト。

コエとオトだけでやってきた9年目の活動。

どこか、懐かしくて古臭くて・・・現代の音楽じゃないかも知れない。

それでも、きっと聴く人のココロの居場所をつくりだす。

昭和と言う、哀愁ただようアコースティックデュオ。

annecoat(アンネコート)!!


2012年は、結成10周年を迎えています・・・♪
これも、
今まで支えてくださった
たくさんのみなさんのお陰です。

本当に、ありがとうございます♪♪♪

annecoat asami&taro



2003年ドコモが選ぶ「Best Contents」(北陸を代表する楽曲)に選出される。
2004年「大連の唄」プロジェクトに参加、日中の掛け橋となる音楽・唄づくりを目指す。
そこで、大連をイメージした「アカシアの木の下で」が生まれる。
中国の人々の支持を受けた彼らは、その後も幾度と大連各地で、ライブを行う。

2005年には、地元福井で、「FRIED PRIDE」のオープニングアクトという、大役にガチガチな二人。

2007年から、活動の拠点を大阪に移し、現在アコースティックイベントを中心にライブやストリートで活動中!!
1stmaxisingle 「your dreamer」をリリース。
2009年 初の大阪でワンマンライブを成功!
2009・2010年 koeoto vol.1 2 3を発売。
2011年 現在、関西を中心に、東京でもライブを行う。

category
new essay
ブロとも申請フォーム
monthly archive
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

I'll be
ここ最近、全然たいしたものではないんですが

体調がちょっぴりよくないな~って思ったりして

あ!先取りの、5月病!?私、最先端やん!(笑)
って、笑えてきたりしてたのですが



原因もわかって
スッキリ☆したのと、
いまさきほど

わなわなと
身体が震えるほどの
言葉を読んでたら、


まだまだすてたもんじゃない
人って、あったかくてやさしい
ほんとうの場所はここなんだって

再確認できて
うれしくなりました


生きてく中で、人の宝物って
私は、出会うことやと思うのです


出会えたから、
大切な人たちがいる



今までの私を唯一褒めれることは、
大切な人たちに出会えたこと

よくやった、私(笑)




そして、出会いからつながりますが

出雲の友♪chuutomoのお二人が大阪に
今日からライブツアーに来ています☆

遅くなってしまいましたが、
もしお時間合う方、お近くの方、

いらっしゃれば是非!!応援よろしくお願いします☆



4.29(木曜日)祝日
大阪アメ村
nu things JAJOUKA
大阪市中央区西心斎橋2-18-18
TOPORO 51 - B1
phone 06 6211 8711

meet song's
chuutomo/灘秀二郎/BOTA/闇色鍵盤

charge 2000yen(inc1D)
17:00 0pen
17:30 start

chuutomoの出番☆ 19:30-20:00



2010.4.30(金)
桜梅桃李vol.034
場所;本町club MERCURY

OPEN 17:30
START 17:40


出演/加瀬だいすけ/ タブレット/ ちゅうとも/ Eddy /MIO・S.Melody /
灘秀二郎 /ちえみ


chuutomoの出番☆19:10~19:30 


チケット代がADV.1500円、DOOR.1800円です☆







最後に。
どうしても聴きたくなりました(^_^)




いつも心にしてた
アイマスクを
外してやればいい

不安や迷いと
無二の親友に
なれればいい

旅立とう明日は
無いぞってな具合に

胸に刻みながら
一歩ずつ進んで
いつだって夢中だ

腑甲斐無い自分に銃口を突き付けろ

当たり障り無い道を選ぶくらいなら

全部放り出して
コンプレックスさえも
いわばモチベーション

人生はいつもQ&Aだ
永遠に続いてく禅問答
そしていつの日か僕もdead
I'll be back

駆け引きの世界で
僕が得たものを
ダスターシュートに
投げ込むよ

白地図を広げて明日を待っていたい

目一杯の助走をつけて
あのボーダーラインを
飛ぶんだ

風向きを味方につけて
猫背を気にしながら

生きている証を
時代に打ち付けろ

貧弱な魂で
悪あがきしながら

何度へましたっていいさ
起死回生で毎日が
レボリューション

人生はフリースタイル
孤独でも忍耐
笑いたがる人には
キスを

そしていつだって
I say yes.
I'll be there


スポンサーサイト

2010.04.29(Thu) | top | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://annecoat.blog76.fc2.com/tb.php/524-55bc2a31
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。