プロフィール

annecoat

Author:annecoat
ボーカルのasamiとガットギターのtaro、アコースティックな2人組。

福井県敦賀市出身。現在は大阪を中心に活動中。

「歌のちからを信じています」のもと、

ほんとうに純粋に、透明なコエ、柔らかいギターのオト。

コエとオトだけでやってきた9年目の活動。

どこか、懐かしくて古臭くて・・・現代の音楽じゃないかも知れない。

それでも、きっと聴く人のココロの居場所をつくりだす。

昭和と言う、哀愁ただようアコースティックデュオ。

annecoat(アンネコート)!!


2012年は、結成10周年を迎えています・・・♪
これも、
今まで支えてくださった
たくさんのみなさんのお陰です。

本当に、ありがとうございます♪♪♪

annecoat asami&taro



2003年ドコモが選ぶ「Best Contents」(北陸を代表する楽曲)に選出される。
2004年「大連の唄」プロジェクトに参加、日中の掛け橋となる音楽・唄づくりを目指す。
そこで、大連をイメージした「アカシアの木の下で」が生まれる。
中国の人々の支持を受けた彼らは、その後も幾度と大連各地で、ライブを行う。

2005年には、地元福井で、「FRIED PRIDE」のオープニングアクトという、大役にガチガチな二人。

2007年から、活動の拠点を大阪に移し、現在アコースティックイベントを中心にライブやストリートで活動中!!
1stmaxisingle 「your dreamer」をリリース。
2009年 初の大阪でワンマンライブを成功!
2009・2010年 koeoto vol.1 2 3を発売。
2011年 現在、関西を中心に、東京でもライブを行う。

category
new essay
ブロとも申請フォーム
monthly archive
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

音楽の授業


夕焼け雲真っ赤っか。

どうして赤いのか?

わからない、どうしよう。

母さんに聞いてみよう。

小学生3年生か4年生の音楽の授業で、その日の授業は、

「替え歌」

でした。

その替え歌の題材曲のタイトルが思い出せないのですが…

なぜかよくこの替え歌を歌う時がしばしばありまして…

でも、これが私が作った替え歌ではなく(笑)
クラスメイトの女の子の作品。

それもおかしな話ですが、自分の作品は一切覚えてないのに、彼女の作品だけが、今でも覚えてるのです。

上手く作った人は、先生に褒められたりして、印象が残るのですが、確か彼女の作品は、物凄く褒められたりなどは、されていなかったように思います。

だけど、私の中で、かわいらしいイメージと、
授業で発表時には、実際歌って披露するのですが、
その娘が、緊張して歌う真っ赤な顔と、その声が、歌詞と一緒になって、かわいらしく私の頭に焼き付いて、今日もまた歌ってしまいました。

今度、機会があったら、披露しますね♪
スポンサーサイト

2007.02.15(Thu) | essay | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://annecoat.blog76.fc2.com/tb.php/70-d3a18df9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
98.
〉wataruさん♪


お久しぶりです~!!
替え歌ですか…(笑)
ご披露していいものなのか悩みますが~


次回お会いした時にこっそりと♪
でわでわまた遊びに来てくださいね!!
asami | 2007.02.17 23:10 | edit
96. 替え歌
気になるじゃないですか~( ̄□ ̄;)


楽しみにしてます♪
wataru@cafenote | 2007.02.17 04:30 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。