プロフィール

annecoat

Author:annecoat
ボーカルのasamiとガットギターのtaro、アコースティックな2人組。

福井県敦賀市出身。現在は大阪を中心に活動中。

「歌のちからを信じています」のもと、

ほんとうに純粋に、透明なコエ、柔らかいギターのオト。

コエとオトだけでやってきた9年目の活動。

どこか、懐かしくて古臭くて・・・現代の音楽じゃないかも知れない。

それでも、きっと聴く人のココロの居場所をつくりだす。

昭和と言う、哀愁ただようアコースティックデュオ。

annecoat(アンネコート)!!


2012年は、結成10周年を迎えています・・・♪
これも、
今まで支えてくださった
たくさんのみなさんのお陰です。

本当に、ありがとうございます♪♪♪

annecoat asami&taro



2003年ドコモが選ぶ「Best Contents」(北陸を代表する楽曲)に選出される。
2004年「大連の唄」プロジェクトに参加、日中の掛け橋となる音楽・唄づくりを目指す。
そこで、大連をイメージした「アカシアの木の下で」が生まれる。
中国の人々の支持を受けた彼らは、その後も幾度と大連各地で、ライブを行う。

2005年には、地元福井で、「FRIED PRIDE」のオープニングアクトという、大役にガチガチな二人。

2007年から、活動の拠点を大阪に移し、現在アコースティックイベントを中心にライブやストリートで活動中!!
1stmaxisingle 「your dreamer」をリリース。
2009年 初の大阪でワンマンライブを成功!
2009・2010年 koeoto vol.1 2 3を発売。
2011年 現在、関西を中心に、東京でもライブを行う。

category
new essay
ブロとも申請フォーム
monthly archive
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

一つの命。


-ウサギが蹴られてる-

いつもの駅へと、帰る途中。

私はその現場に出くわした。

飼い主らしい。らしいが、飼い主の男は酒に酔って、駅の回りに放した、ウサギをつかまえようと、
その姿は足がふらついて、わけがワカラナイ。

そのウサギは、飼い主から逃げたいように見えた。

その後、人が慌ただしく行き交う駅の付近で、その男は、わざと人目でその行為を見せびらかすかのように、ウサギをいじめた。

黙って通り過ごせなかった。

ふと、酔っ払いの男と自分がどうなるか?と、想像もしたけど、

「やっぱり放っておけない。」

こっちが優勢。勝ってしまいました。

ふと、横を見ると、私と同じ目をした学生の女の子が二人。

目が合って、言葉なくても通じ合い、
「何とかしなくちゃ」

と、初めて出会った三人でその場に挑みました。

私も、この子達よか、大人なんだから、ちゃんと見せなきゃ!と、守らなきゃ!の、勇気が湧いてきて、最終的に男から、ウサギをもらいました。

ウサギは、ちっちゃくて、片目があまり見えてなく、片耳も折れ曲がって、血が固まっていました。

だけど、抱っこしたら、あたたかくて、愛らしくて。

ウサギの命に触れた気がしたら、涙が出てきて。

ちょっと危険な匂いもしたけど…私は後悔はしてなくて。

ウサギちゃんを抱っこしながら、電車に乗ろうとしたら、学生の子が淋しそうで、

「この子、欲しい?」

って聞いたら、

「うん!欲しい!!」

って、一生懸命だった。

心の優しい素敵な彼女達に、ウサギちゃんは渡したわけで。

病院も行って、思ったより元気いっぱいです!って先程連絡があって、

よかった~

って安心しました。

あのウサギチャンは、言葉も通じないし、泣いてるのか、怒ってんのかもわからない。

痛かったのか、痛いのも人間の感覚で、イタイとオモッテるのかも知れない。

ケド、関係ないよ、と、

私はそう思うし、信じてる。

命は命だ。

ヒーロー気取りでもなく、ただ熱くなる素直な気持ちだけは、絶対だって思う。

一つの命。

何も違いなんてない。
スポンサーサイト

2007.02.22(Thu) | essay | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://annecoat.blog76.fc2.com/tb.php/79-a8fdb1b6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
111. 俺もです。
俺も、ライチ殿がasamiさんと出会ってくれて嬉しかったな。

幸せは他人が計るモノじゃないですしね。

いつもアンケート用紙の最後に書かれている魔法の言葉が、ライチ殿にも届きますように☆☆
モモ。 | 2007.02.24 01:34 | edit
110.
〉モモさん♪


ありがとう。
ウサギちゃんの名前は、ライチ☆ちゃんだって。

これから、ずっと温かい人達に囲まれて、どんな形が本当の幸せなのかは、私達には計ることが出来ないけど、
それでも生きていく環境であるなら、私は嬉しいです。

多分ね、その男の人は、酔ってなくても、虐待していたんだ。日常で。




とにかく☆ライチちゃんに出会えた事が嬉しかったです。
asami | 2007.02.24 01:21 | edit
109. Happy is Coming!
酔っていたから…

そんな理由での事件とか、最近すごく多いように思います。

同じ生物である人間の都合で、左右される命。
だったらそれはいったい何の為に産まれてくるんでしょうね…

もしかしたら、ホントにもしかしたらですが、そのウサギは、asamiさんと、貰い手の学生さんに出会う為に産まれてきたのかな…

そんな風に思えてなりません。

上手いこと言えないですが、そのウサギにはこれから幸せが訪れるはず。
新しい名前を、愛を込めて呼ばれ続けてほしいですよね。
モモ。 | 2007.02.24 00:06 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。